肝臓に易しい食べ物とその効果

肝臓はアルコールなどの解毒作用や、エネルギーとしての貯蔵、脂肪の消化吸収を助け肝臓の老廃物を流す胆汁などの機能を持つとされます。お酒についてはその分解能力に個人差があり、お酒で顔が赤くなる人は注意が必要といえます。

 

又、肝臓に蓄えられた脂肪が増えすぎて脂肪肝になったり、更に肝ガンなどというものに進行してしまうこともあります。これらの肝臓の負荷を軽減するには、その食生活や効果のある成分を考える必要がありそうです。

 

古くから二日酔いや肝臓にはしじみ汁が良いといわれますが、タウリンという成分が胆汁の流れの改善や肝細胞の抗酸化作用があるとされ、メチオニンやビタミンB群が肝機能を整えてくれるといいます。

 

同様に肝機能整えてくれるという物に、牡蠣に含まれるグリコーゲンや、カレーの黄色い成分ウコンのクルクミン、納豆などの大豆製品などです。野菜ではブロッコリーやキャベツといったアブラナ科の野菜や、ゴマに含まれるセサミンは肝臓で変化して抗酸化作用を発揮するといいます。ニンニクのジアリルトリスルフィド(DATS)も、肝臓の機能を改善し解毒作用を活性するとされます。

 

更に、脂肪肝に効果があるとされるのがビタミンの一種とされるイノシトールというものです。小麦や豆類、トマトやグレープフルーツなどに多く含まれ、富山湾でとれるホタルイカなどにも同様の効果があると言われています。

 

一方、肝臓は最初にアルコールを分解する為に脂肪分解に時間がかかり、唐揚げのようなものは肥満の原因になりやすいといいます。そして意外なことに、鉄分の多い食品を控えると肝機能が改善したという報告があります。

 

酒好き以外であっても、これらの食べ物の効能を知っていることで肝臓の負担はかなり軽減されると思えます。何よりも血液検査で肝臓の数値を把握しておくことが重要で、数値が高いと指摘された時には肝機能の改善に努める事です。

 

そして、酒の席がある事がわかっているのであれば、これらの食べ物を頭の片隅に入れておくか、補助的に肝臓に良いとされる成分のサプリメントなどを飲んでおくと良いでしょう。しじみや牡蠣など多くのサプリメントをネットで購入することが可能です。特に牡蠣サプリメントで肝機能を高めるのが得策。当サイトではおすすめしています。肝臓が気になる方は一度チェックしてみるといいでしょう。